女性用媚薬の正しい使い方

女性用媚薬の正しい使い方

気になっている異性ともう少し距離を狭めたいという人や、カップル間のマンネリを解消するなどの目的から使用される媚薬ですが、男性用のものと女性用のものがあります。

成分や効果も性別ごとに異なっているので、彼女や妻などに使いたい場合はちゃんと女性用媚薬を選びましょう。媚薬が効いてくると、女性も気持ちが高ぶってよりラブタイムを楽しむことができるはずです。

女性用媚薬はその種類によって使用法が異なります。媚薬がその効果を最大限に発揮するためには、正しい使い方を守らなくてはいけません。

まず香水タイプの媚薬ですが、効果が緩やかである面は否めませんが、その分副作用などの問題もなく、シチュエーションを問わず使えるという利点もあります。

香水にはフェロモンが入っており、この香水を嗅がせることで、女性から見て自分を魅力的に見せたり、性的な関心を持たせることができるようになります。

女性は男性の汗の臭いに反応することが研究結果からも判明しているので、フェロモン入りの香水を使う場合は脇の下に吹きかけておきましょう。

脇汗の臭いが強い人以外は、香水を使うなら制汗剤などもなるべく用いない方がいいかもしれません。

飲むタイプの女性用媚薬は、女性側の性欲を高めてラブタイムへの意欲を高めたり、血行を良くするなどの効果があります。

このタイプの媚薬は、とにかく相手に飲ませなくては意味がありません。漢方薬などが配合してあるので、女性が飲んでも身体に悪影響のない成分が中心です。

ただ、食事中に含まれる成分との兼ね合いがあるので、食前30分前に飲ませることを目安にしましょう。肝機能の働きを調整する効果のある漢方が使われることが多いという特徴があるので、アルコールを飲む前に飲ませた方がいいですね。

塗るタイプの媚薬は、すでに深い関係を持っている女性に用いるためのものです。使い方は女性の性感帯に塗るという、非常にシンプルで分かりやすいものです。

二人で夜を過ごすときに使うためのものなので、他の女性用媚薬と比べて即効性が高い点が特徴です。このため、二人の関係に不満はないものの少し物足りなさを感じている人や、新しい刺激を加えたい場合にぴったりのアイテムと言えるでしょう。

相手の性感帯がわからない場合はマッサージをしながら探っていき、性感帯と思われる部分に塗り込んでいくのがコツです。血行を促進させる働きがあるので、女性の体を敏感にさせる効果もあります。