男性用と女性用の媚薬の違い

男性用と女性用の媚薬の違い

一般的に性欲を高めるには、男性用媚薬と女性用媚薬があるとされています。

正しくいえば両方とも恋愛感情を高めるための「媚薬」というものものはなく、正しくいえば性的興奮を高めることのできる作用があるため「媚薬」と呼ばれています。

性的興奮を高めるものとしてのイメージとしては、男性用媚薬は男性機能や精力を改善して向上させるのもの、女性用媚薬は性欲や性的興奮を高めるものという違いがあります。

しかし、この二つの違いははっきり区別しているものではないのが現状です。

では男性用と女性用では何が違うのかというと、原材料が違うことが挙げられます。

男性用媚薬とも呼ばれる精力剤の場合には、勃起力を高めたりする、精力を高めて精子の量を増やす成分などが含まれています。

一般的に配合されるのは「シトルリン」や「アルギニン」などの血行を良くする成分のほか、「亜鉛」や「マカ」などの成分が使われます。

しかしあくまでもこれらは精力を回復するもので、媚薬に期待される性的興奮を得るためには、外部からの刺激が必要となってきます。

また、これらの成分を飲んだとしても女性の場合、血行が良くなり健康効果を得ることはできますが、性的興奮のような効果は得られないと考えられます。

対して女性用媚薬または女性用の精力剤は、女性器の感度を上げた性的興奮や欲求を上げるという効果が期待できます。

男性の場合は体の内側をケアすることによって精力を高めていくのに対し、女性の場合は感度自体をケアしていくものなどになります。

これは女性の性的な悩みの多くが、感度不良によるものだからです。感度不良になることで性行為を気持ちいいと感じられないため積極性がなくなります。それを改善するのに役立つのが女性用の媚薬になるのです。

3つのタイプに分けることができ催淫作用はストレスなどによる不感症の改善や膣潤滑液の不足を改善し、発情作用は性的興奮がしやすいように女性ホルモンの分泌を促進させ、体内を血流を改善させることで感度をアップするものに分けられます。

様々なものがありますが、当然男性用の成分も異なってきます。

男性用の場合はほとんどがサプリメントタイプですが、女性向けのものとしてはドリンクや錠剤、塗布、スプレータイプなど様々な種類があるという違いもあります。

性的な悩みは男女ともにあるものです。改善する場合には一方だけが悩むのではなく、パートナーと二人で改善していくことが大切です。