女性用媚薬の誤った使い方

女性用媚薬の誤った使い方

女性用媚薬にも間違った使い方をしてしまえば十分に効果を得ることができないことや、作用の影響を受けすぎて体に負担がかかってしまう恐れがありますから、正しい使い方をしていくようにしなければなりません。

安心して使っていくためにも知っておきたい、間違った使い方とはどのようなことになるのでしょうか。

市販されている女性用媚薬の多くは海外のメーカーが作っているものであるため、日本人が利用すると量が多すぎる可能性があり服用するタイプは注意が必要で、まずは試しに錠剤を半分だけ服用してみてどれくらい効果があるのか試してみた方がよいでしょう。

作用が強すぎると行為中に頭痛や動悸が激しくなり過ぎると危険な場合もあり、半錠でも性的刺激を受ければ興奮して膣内も潤うようであれば問題ありません。

血中濃度が高い状態も長く維持される可能性がありますから続けて服用することは避けなければならず、女性用媚薬の種類によっては5時間から10時間ぐらいのものもあればもっと長く体内に残り作用するタイプもあるので1度服用したら24時間はあけて飲むようにした方が安心です。

食後すぐに服用することで成分の吸収効率が悪くなってしまうタイプの薬もありますから、説明書を良く読み空腹時に服用すべき女性用媚薬であった場合は食事の後1時間以上たってから飲むようにすれば食事の影響を受けにくくなります。

食べたものが肉類だと中々消化しにくいことや油が胃腸に膜を張るような形になって吸収が悪くなるので、もう少し時間をあけた方がいい場合もあるため食べる量を調節して消化を早めるようによく噛んで食べるようにするとよいです。

これまで薬を服用してアレルギーになったことがある人は服用に慎重になる必要があって、はじめは何ともなくても利用を続けていくうちに突然アレルギーを起こすようになることがありますから、服用後に発疹やかゆみなどを感じることがあればいしに相談をするべきです。

何らかの持病があって薬を服用している人も飲み合わせが悪いと大変ですから併用禁止成分が含まれていないか女性用媚薬に含まれている成分を確かめることが大切です。

漢方成分などは植物名や動物名などで書かれている場合も多いですが含まれている成分で見ないと併用禁止成分かわからないときがあるので丁寧に調べましょう。

不感症からセックスレスになっているなど悩みがあると何とかしたいと思い詰めてしまうことがありますが、体質に合わない成分もありますから間違った使い方をしないようにしてデリケートな体に負担をかけないようにしましょう。